浮世絵風景画―広重・清親・巴水 三世代の眼

企画展
浮世絵風景画―広重・清親・巴水 三世代の眼
歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」天保4-7年(1833-36)、町田市立国際版画美術館蔵

展覧会概要

画像
小林清親「新橋ステンシヨン」明治14年(1881)頃、町田市立国際版画美術館蔵
画像
川瀬巴水「東京十二題 深川上の橋」大正9年(1920)、町田市立国際版画美術館蔵

江戸の歌川広重(うたがわ ひろしげ・1797-1858)、明治の小林清親(こばやし きよちか・1847-1915)、そして大正から昭和の川瀬巴水(かわせ はすい・1883-1957)。各時代に風景版画を制作した三人の絵師・画家を紹介します。変わりゆく日本の風景を三者がどのように捉えてきたのか、その表現の違いを対比しながら、時代を超えて響きあう風景観や抒情性に着目します。100年にわたる日本の風景を、タイムトラベルするようにご堪能ください。

展覧会情報



















会期 2020年7月11日(土)~9月13日(日)
前期・後期で全点展示替え!
【前期】8月10日(月祝)まで
【後期】8月13日(木)から
休館日月曜日、8月11日(火)、8月12日(水)
*ただし、8月10日(月祝)は開館、8月12日(水)は展示替えのため企画展示室のみ閉室
開館時間平日10:00~17:00(入場は16:30まで)
土日祝10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場企画展示室1・2
観覧料一般900(700)円、高校・大学生450(350)円、中学生以下は無料
※()内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方と付き添いの方1名は半額
※7月11日(土)の展覧会初日は入場無料
※7月22日(水)・8月26日(水)のシルバーデーは、65歳以上の方は入場無料
※着物割引、タクシー割引ほか、各種割引を実施(詳細は随時更新)
主催町田市立国際版画美術館

関連イベント

(準備中)

NEW
(2020年2月29日公開)

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter
  • 版画のつくりかた

Information

CLOSE クローズ本日は休館日です
  • 2020.05
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2020.06
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889