あいさつ

 はじめまして。この4月に着任いたしました。専門は浮世絵を中心とした江戸時代の絵画で、とくに広重の名所絵や浮世絵版画出版の背景要因などに関心を抱いてきておりました。
 浮世絵研究者の目から見た町田市立国際版画美術館は、錦絵の誕生を中国の色摺り詩箋との関係で考察した1999年の「江戸の華 浮世絵展」や、浮世絵の武者絵展としては空前の規模と充実した内容を持つ2003年の「浮世絵 大武者絵展」など、斬新な企画で浮世絵学界をリードする展示をつぎつぎに開催する意欲的な館という印象でした。
 もちろん館長として着任した以上、もっと広い視野で館の活動を理解しなければなりません。年齢を重ねるにしたがい、専門を新たに広げるという意欲も次第に薄れつつありましたが、こちらに来た以上、学生時代に戻ったつもりで近現代の版画にまで関心を広げていかなければと考えております。町田市ゆかりの版画家から西洋の作家までと美術館が対象とする範囲は広いので、おいそれとはできそうにありませんが。
 美術館のある芹ヶ谷公園は、着任時の桜の花盛りから木々の深い緑へとすっかり姿を変えていますが、自分自身はまだまごつくばかりの毎日です。一日も早く館の活動の役に立てるよう頑張りますので、ご支援のほどお願いいたします。
館長 大久保純一

四季おりおり、自然のなかの美術館

当館は世界でも数少ない版画を中心とする美術館です。1987年の開館以来、国内外のすぐれた版画作品や資料を収集・保存し、現在3万点を超える収蔵品を有しています。
これら豊富な収蔵作品をベースとした多様な展示をご覧いただくとともに、市民展示室、講堂、版画工房、アトリエなどの施設のご利用を通して、市民・来館者の皆様に「見る楽しみ」「作る楽しみ」「発表する楽しみ」を総合的に提供できる美術館を目指しています。
また、内外にわたる美術・文化の交流の場として、各種イベントや講座などの幅広い活動を行い、町田市の文化・芸術活動の拠点となっています。
緑豊かな芹ヶ谷公園の散策とともに、ぜひ当館で美術に親しむひとときをお過ごしください。


町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889