開催中の展覧会

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―
喜多川歌麿「青楼七小町 玉屋内 明石 うら次 しま野」寛政6-7年(1794-95)頃 大判錦絵 神奈川県立歴史博物館 【後期展示】
企画展

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

2019年10月5日(土)〜11月24日(日)

18世紀後半の「浮世絵黄金期」を彩った美人画。鈴木春信以降、勝川春章、鳥居清長、喜多川歌麿ら、個性豊かな絵師が次々と登場し、理想の美人像を追い求めました。この「美人画の時代」の軌跡を約240点の版画、版本、肉筆画で辿ります。

美の饗宴―西洋の美人像―
版刻:ルイ=マラン・ボネ 原画:フランソワ・ブーシェ《花の女神フローラ》(部分)1769年
ミニ企画展
無料

美の饗宴―西洋の美人像―

2019年9月26日(木)〜12月22日(日)

女神たちが美を競い合った「パリスの審判」、対照的な存在であるエヴァと聖母マリア、敵将の首をとった女傑ユディト―西洋の版画の中に登場する女性像を紹介します。


町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889