新着情報

開催中の展覧会 年間スケジュールへ

モンスターを探せ!! ピラネージからゴヤ、そしてエルンストへ
フランシスコ・デ・ゴヤ
『妄』より「大阿呆」(部分)
1819~23年頃 エッチング他

モンスターを探せ!! ピラネージからゴヤ、そしてエルンストへ

2014年8月9日(Sat)~9月23日(Tue)
企画展

怖いけれど、どこかユーモラスな怪しいイメージの群れ。人間が生みだしてきたモンスターは恐ろしさだけでなく、時には笑いを誘うことで私たちを魅了し、さらには人間のなかに潜む怪物をも映し出します。本展ではピラネージからエルンストまで、約180点の版画のなかにうごめく様々な怪物たちをご紹介します。

旅と人を描く~五つの「五十三次」
歌川広重『東海道五拾三次』(保永堂版東海道)より「日本橋 朝之景」※前期展示

旅と人を描く~五つの「五十三次」

2014年6月18日(Wed)~9月23日(Tue)
ミニ企画展
無料

歌川広重『東海道五拾三次』(保永堂版東海道)や『東海道五十三次』(行書東海道)、安田雷洲『東海道五十三驛』など、東海道を描いた5つの連作から50点を展示します。

開催予定の展覧会

マックス・クリンガーの銅版画

マックス・クリンガーの銅版画

2014年9月25日(Thu)~12月25日(Thu)
ミニ企画展

19世紀から20世紀にかけて活躍したドイツの画家クリンガーの銅版画集『手袋』、『ドラマ』、『ある愛』を展示。

谷中安規展
《蝶を吐く人》(『白と黒』41号)
1933年 木版

谷中安規展

2014年10月4日(Sat)~11月24日(Mon)
企画展

谷中安規(たになか やすのり、1897-1946)は1930年代に活躍した版画家です。大震災から復興したモダン都市東京のイメージに、仏教や少年時代をすごした朝鮮の記憶といった土着的なイメージを加えた、多元的で独創的な版画を制作しました。本展では、万華鏡のように錯綜した複雑なイメージの谷中作品を、刻々と変わる1930年代の政治・社会的動向との関係から再考します。約300点出品予定。

関連リンク

Information

OPEN オープン本日は開館しています
CALENDAR 2014.08
SUMOTUWETHFRSA
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
休館日
展覧会
イベント
修繕工事による休館のお知らせ 期間: 2015年3月5日~6月30日

Open Hours

◆開館時間
平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

Official Web Contents

代替画像

おすすめコンテンツ

携帯サイト

QRコード