新着情報

開催中の展覧会 年間スケジュールへ

諷刺画って面白い?
ウィリアム・ホガース『勤勉と怠惰』より「怠け者の徒弟、追い出され、島流しになる」1747年 銅版画
企画展

諷刺画って面白い?

2016年7月9日(Sat)~9月22日(Thu)

その時代の政治や社会を批判的な眼でとらえ、痛烈さで時に世間を騒がせた諷刺画。しかし、こうした諷刺画のなかからも、年月を経たのちに美術作品として評価されるものが現われます。それらが美術館に展示されるとき、私たちはどのように「作品」を楽しむことができるのでしょうか? 18世紀のイギリスで一世を風靡したホガース、スペインの巨匠ゴヤ、そして政治諷刺画の黄金期といわれる19世紀フランスの作品を通して、美術としての諷刺画の楽しみ方を探ります。

小野忠重コレクション展 ―近代日本版画―
小野忠重《工場》1950年、木版
企画展

小野忠重コレクション展 ―近代日本版画―

2016年7月9日(Sat)~9月22日(Thu)

近年収蔵した小野忠重(1909-1990、版画家・版画史研究家)旧蔵の近代日本版画コレクションを紹介します。約180点の作品・資料を出品して、そのお披露目をするとともに、小野コレクションの意義を再考します。

摺物
喜多武清「布袋と唐子」文政期(1818~30)(前期展示)
ミニ企画展

摺物

2016年6月29日(Wed)~9月22日(Thu)

江戸時代に趣味人の特別な依頼によって制作された摺物。ことばと絵の織り成す豊かな世界を展示。

開催予定の展覧会

オリンピック・パラリンピック文化プログラムに向けて 
~まちだゆかりの作家~ 松本旻
ミニ企画展

オリンピック・パラリンピック文化プログラムに向けて 
~まちだゆかりの作家~ 松本旻

2016年9月24日(Sat)~12月25日(Sun)

オリンピックに向けた、町田市ゆかりの美術家を取り上げるシリーズ第一弾は松本旻(1936生まれ)。約30点を展示。

デイヴィッド・ホックニー版画展
企画展

デイヴィッド・ホックニー版画展

2016年10月1日(Sat)~11月23日(Wed)

20世紀を代表するイギリスの美術家、デイヴィッド・ホックニー(1937~)。彼の創作活動は絵画や版画にとどまらず、舞台美術やオペラのデザインなど、常に多彩に展開してきました。カメラやコピー機、デジタル機器を自在に操り、新しい視点も呈示しています。本展は人気美術家ホックニーの原点とも言うべき版画制作に着目し、その魅力と表現の秘密に迫ります。

関連リンク

  • 芹が谷だより

Information

OPEN オープン本日は開館しています
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

代替画像

携帯サイト

QRコード

バナー広告の募集について
町田市立国際版画美術館ではバナー広告を募集しています。

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889