新着情報

開催中の展覧会 年間スケジュールへ

パブロ・ ピカソ ―版画の線とフォルム―
Pablo Picasso:peintre-graveur その線は、とまらない
「帽子をかぶる女の顔」
1962年 リノカット
池田20世紀美術館蔵
©2014-Succession Pablo Picaso-SPDA (JAPAN)

パブロ・ ピカソ ―版画の線とフォルム―
Pablo Picasso:peintre-graveur その線は、とまらない

2014年4月12日(Sat)~6月15日(Sun)
企画展

パブロ・ピカソ(1881-1973)は20 世紀を代表する美術家です。生涯にわたって制作した版画の数は、確認されているだけでも2,000点を超えており、 彼の芸術を語るうえで重要な位置をしめています。本展は、生涯を通じて描き続けたピカソの版画の、繊細でリズミカルな線と湧き上がるフォルムに注目して、 約200 点の作品により、その魅力と表現の秘密に迫ります。

華麗な花の饗宴 『フローラの神殿』大公開
R.J.ソーントン編
『フローラの神殿』より
「夜の女王」 1800年
メゾチント(多色)、一部手彩色

華麗な花の饗宴 『フローラの神殿』大公開

2014年4月5日(Sat)~6月15日(Sun)
ミニ企画展
無料

美しい花々がおさめられた植物図鑑『フローラの神殿』。その編者ロバート・ジョン・ソーントンは、博物学者カール・フォン・リンネの植物分類法に感銘をうけ、本書の刊行を決意しました。
本展はリンネの肖像と寓意画を含む『フローラの神殿』全30点を一堂に展示します。1500年前後に刊行された木版の植物図譜もあわせてご覧ください。

開催予定の展覧会

生誕百年 関野凖一郎展
関野凖一郎
「シルクロードの自画像」
1981年 木版

生誕百年 関野凖一郎展

2014年6月21日(Sat)~8月3日(Sun)
企画展

青森に生まれた関野凖一郎(1914-88)は中学時代から版画誌を発行し、18歳で日本創作版画協会展に入選を果たしました。25歳で上京し、恩地孝四郎に師事、「一木会」主要メンバーとして活躍します。木版、エッチング、リトグラフなどの技法を駆使し、風景や人物など多様な主題で60年近くにわたり制作を続け、国際的にも活躍しました。戦後の多色刷り木版作品を中心に約150点を出品予定。

旅と人を描く~五つの「五十三次」

旅と人を描く~五つの「五十三次」

2014年6月18日(Wed)~9月23日(Tue)
ミニ企画展

歌川広重や三代豊国の浮世絵、安田雷洲の銅版画、亀井竹二郎の石版画など、東海道を描いた連作を特集。

関連リンク

Information

OPEN オープン本日は開館しています
CALENDAR 2014.04
SUMOTUWETHFRSA
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
休館日
展覧会
イベント

Open Hours

◆開館時間
平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

Official Web Contents

代替画像

おすすめコンテンツ

携帯サイト

QRコード