新着情報

開催中の展覧会 年間スケジュールへ

インプリントまちだ展2019
-田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起
田中彰《町田芹ヶ谷えごのき縁起》2019年 作家蔵
企画展

インプリントまちだ展2019
-田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起

2019年7月6日(土)~9月23日(月)

若手アーティストが町田に取材した作品を発表する展覧会シリーズの第三弾。人と自然の関わりを木版画で表現する田中彰が、「きのおくのきおく きおくのおくのき」を手がかりに町田の木に新たな命を吹き込みます。

畦地梅太郎・わたしの山男
「山男(二)」 1953年
企画展

畦地梅太郎・わたしの山男

2019年7月6日(土)~9月23日(月)

山の版画家・畦地梅太郎(1902-99)の作品に登場する表情ゆたかな「山男」たち。
山に登る前の高まる気持ち、厳しい自然の中でライチョウに出会いなごむ心、山頂で目にした深く濃い青空。ひたすら山を歩き、心うたれたものを木版画で表現しつづけた畦地にとって、彼らは「わたしの心の山男」だったのです。町田市名誉市民でもある畦地の「山男」シリーズを中心とした約100点を展示します。

若き畦地梅太郎の仲間たち―
1930-40年代の日本の版画
藤牧義夫(ふじまき・よしお、1911-1935行方不明)
ENOKEN之図  1934
木版 25×34cm
ミニ企画展

若き畦地梅太郎の仲間たち―
1930-40年代の日本の版画

2019年6月26日(水)~9月23日(月)

「先輩版画家に学ぶ!」「国画会の仲間たち」「版画家との交流―1930年代を中心に」「一木会の仲間―『一木集』Ⅰ(1944年)より」の4つのセクションから、若き畦地梅太郎の版画家たちとの交流の足跡を紹介します

開催予定の展覧会

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―
喜多川歌麿「青楼七小町 玉屋内 明石 うら次 しま野」寛政6-7年(1794-95)頃 大判錦絵 神奈川県立歴史博物館 [後期展示]
企画展

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

2019年10月5日(土)~11月24日(日)

18世紀後半の「浮世絵黄金期」を彩った美人画。鈴木春信以降、勝川春草、鳥居清長、喜多川歌麿ら、個性豊かな絵師が次々と登場し、理想の美人像を追い求めました。この「美人画の時代」の軌跡を約230点の版画、版本、肉筆画で辿ります。

関連リンク

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter
  • 版画のつくりかた

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2019.08
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2019.09
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

代替画像
  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

バナー広告の募集について
町田市立国際版画美術館ではバナー広告を募集しています。

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889