吉例浮世絵大公開! 三代豊国と歌川派

企画展
吉例浮世絵大公開! 三代豊国と歌川派
三代歌川豊国『今様見立士農工商』より「職人」  安政4年(1857)  木版

展覧会概要

画像
三代歌川豊国「見立三光之内 日 平清盛(みたてさんこうのうちひ たいらのきよもり)」 安政5年(1858)木版

三代歌川豊国(うたがわとよくに、1786-1864)は、幕末の浮世絵界を代表する絵師の一人です。はじめ国貞(くにさだ)の名でデビューし、流行を敏感にとらえた画風で一躍庶民の人気を集めました。
その後、弘化元年(1844)に豊国の名を襲名、華やかな役者絵や艶麗な美人画を得意とし、一門を率いて膨大な数の作品を制作しました。
その弟子筋からは「明治の写楽」と呼ばれた豊原国周(とよはらくにちか、1835-1900)や、美人画の名手であった楊洲周延(ようしゅうちかのぶ、1838-1912)といった、明治時代の浮世絵界のスター絵師たちが輩出されています。

画像
三代歌川豊国「見立三十六歌撰 小野小町 はま路(みたてさんじゅうろっかせん) おののこまち はまじ」嘉永5年(1852)木版

本展では、三代豊国とその一門による浮世絵約120点を一堂に展示します。役者達の姿を鮮やかに描き出す『見立三十六歌撰(みたてさんじゅうろっかせん)』、風景画の名手である歌川広重(うたがわひろしげ、1797-1858)との共作『双筆五十三次』など、粋で清新な作品の数々をぜひお楽しみください。

展覧会情報

画像
楊洲周延(ようしゅうちかのぶ)「真美人 十」明治30年(1897)木版

会期:
2014年3月8日(土)~30日(日)

休館日:
毎週月曜日

会場:
企画展示室1

観覧料:
一般=600(500)円
大・高生と65歳以上=300(200)円
※( )内は20名以上の団体料金です。
※身体障がい者手帳または愛の手帳等をご持参の方と付き添いの方1名は半額となります。
※展覧会初日3/8(土)は入場無料です。
※中学生以下は入場無料です

関連催事

プロムナードコンサート

画像

日時:3月16日(日)
①午後1時~ ②午後3時~ 各回30分程度

演奏:高橋里奈(ピアノ)
※どなたでもご鑑賞いただけます。お席のご用意はありません。

ギャラリートーク

画像
三代歌川豊国・歌川広重「双筆五十三次 加名川」安政元年(1854)木版

いずれも午後2時~  
①館長によるスペシャルトーク …3月23日(日)
②学芸員によるギャラリートーク … 3月15日(土)、21日(金・祝)

※観覧券が必要です。2階企画展示室入口にお集まりください。


美術館で語りあおう ―トークフリーデー


「鑑賞のための静けさ」よりも作品をめぐる会話を楽しんでいただこうという試みです。
小さなお子さま連れの方も気兼ねせずにぜひご入場ください。

日時:会期中の水曜・土曜日

プレスリリース

プレスリリースはこちらからご覧ください。

吉例浮世絵大公開!三代豊国と歌川派リーフレット PDF[1032KB]

  • 芹が谷だより

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2016.05
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2016.06
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889