インプリントまちだ展 2017
絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!

企画展
インプリントまちだ展 2017
絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!
《FC町田ゼルビアを描く! vs ロアッソ熊本:J2 第11節》2017年、作家蔵

絵は声援に、応援は力になる!

絵の力で誰かとつながる絵描き・ながさわたかひろが町田に!

展覧会概要

応援したい人や憧れの人を前にしても、一方通行の思いは相手に届きにくいものです。ながさわたかひろは、気持ちを伝えたい対象を絵や版画で描き、直接作品を見てもらうという作家活動をしています。描かれた相手から叱咤激励のメッセージを貰い、作品を受け取ってもらえたならば、それは絵の力で人と繋がった証です。
展覧会では、学生時代から現在の活動に至るまでの軌跡を追い、憧れの著名人に突撃取材して描いた『に・褒められたくて』シリーズ、応援するプロ野球チームのシーズン全試合を描いた『プロ野球画報』を紹介。誰もが知っていてもアートの文脈では描かれにくい存在を、まっすぐすぎる気持ちで捉えた作品200点以上がずらりと並びます。さらに「絵は声援に、応援は力になる」ことを信じ、チームの「戦力」となるため、プロサッカークラブ「FC町田ゼルビア」の2017年シーズンの試合を、愛を込めて描く新作を発表します。

「インプリントまちだ展」とは

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて本年から4年間にわたり開催する展覧会シリーズ。版画を制作の軸とする若手作家を毎年招聘し、町田に取材した新作を発表します。第一弾の今年のテーマはスポーツ。町田をホームタウンに活動するJ2・FC町田ゼルビアをながさわたかひろが描きます。

展覧会情報


























会期2017年7月29日(土)~ 9月24日(日)
休館日月曜休館
(9月18日(月祝)は開館・19日(火)は休館)
開館時間平日 10:00~17:00(入場は16:30まで)
土日祝 10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場町田市立国際版画美術館 企画展示室2
観覧料一般 600(500)円
大学・高校生・65歳以上 300(200)円
中学生以下 無料
※「紙の上のいきものたち!!」展(同時開催)も合わせてご覧いただけます
※展覧会初日7月29日(土)は入場無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳または、愛の手帳(療育手帳)、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額
主催町田市立国際版画美術館
協力FC町田ゼルビア(http://www.zelvia.co.jp/
助成公益財団法人朝日新聞文化財団

インプリントまちだ展 2017 チラシ PDF[3.06MB]

■9月16日(土)14:00~15:30
宇都宮徹壱(写真家・ノンフィクションライター)×ながさわたかひろ 対談開催!

ながさわ たかひろ プロフィール

ながさわ たかひろ
1972年 山形県に生まれる。
2000年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了。
2010年 第13回岡本太郎現代芸術賞展にて特別賞を受賞。

◆ 著書 ◆
・『プロ野球画報』(ぴあ、2014年)
・『プロ野球画報2015』(雷鳥社、2016年)
・『に・褒められたくて』(編集室屋上、2016年)

現在、〈ゆるすぽ〉webで『FC町田ゼルビアを描く!』を連載中!
絵描き・ながさわたかひろの制作実況ブログ「サンデーたかひろ」

見どころ

エッチングで挑む往年のプロ野球


《楽天優勝への脳トレ~阪急ブレーブス編~》2006年、エッチング
《楽天優勝への脳トレ~阪急ブレーブス編~》
2006年、エッチング

憧れの有名人に褒められたい!


《蛭子能収に褒められたくて》 2012年、シルクスクリーン・サイン
《蛭子能収に褒められたくて》
2012年、シルクスクリーン・サイン

《KUMAさんに褒められたくて》2010年、 エッチング・アクアチント・サイン
《KUMAさんに褒められたくて》2010年、
エッチング・アクアチント・サイン

『に・褒められたくて』シリーズは描かれた相手とのやりとりも作品の一部です。手の届かないアノ人に思いを伝えるために、そして内気な自分とサヨナラするために描かれた、版画による特異な肖像画の数々をご紹介します。

『に・褒められたくて』(編集室屋上、2016年)をチェック!

プロ野球選手になりたい!


《プロ野球画報2015 CSファイナルステージ第4戦》 2015年、ペン・色鉛筆
《プロ野球画報2015 CSファイナルステージ第4戦》
2015年、ペン・色鉛筆

楽天、ヤクルトなど応援するプロ野球チームのシーズン全試合を計8年間にわたって版画とドローイングで描き続けた執念のシリーズ『プロ野球画報』。絵の力は、果たしてチームの戦力となるのか?答えは展示室にあります!

『プロ野球画報』(ぴあ、2014年)『プロ野球画報2015』(雷鳥社、2016年)をチェック!

FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!


《FC町田ゼルビアを描く! vs 湘南ベルマーレ:J2 第12節》 2017年、ペン・色鉛筆、紙
《FC町田ゼルビアを描く! vs 湘南ベルマーレ:J2 第12節》
2017年、ペン・色鉛筆、紙

今年のテーマはサッカー。作家は現在、サッカーJ2・町田ゼルビアの試合を描く日々を送っています。ゼルビア選手との作品を介したつながりを力に躍動感を増す、新天地・町田での新作にご期待ください!

〈ゆるすぽ〉webで『FC町田ゼルビアを描く!』でながさわたかひろの町田での日々をチェック!

関連イベント

イベント情報の追加は随時HPに更新します!

「アナタに褒められたくて」

希望される方を作家が銅版に描きます。
下記の日程で作家が展示室で皆様をお待ちしています。
(予定時間:13:00~17:00)

■日程:
7月30日(日)、8月6日(日)、13日(日)、20日(日)、27日(日)

公開制作『誰かと繋がる版画制作』

作家活動のお話と「アナタに褒められたくて」で制作した版を刷り実演します。

■日時:9月2日(土) 13:30~16:00
■会場:版画工房、アトリエ

※入場無料、見学自由、混雑時は入場制限あり。

宇都宮徹壱(写真家・ノンフィクションライター)×ながさわたかひろ

■日時:9月16日(土) 14:00~15:30 開場13:30
■会場・定員等:1階講堂 定員150名(当日先着順)

「文化としてのフットボール」という視点からサッカーの魅力を切り取る写真家・ノンフィクションライターの宇都宮徹壱を招き、スポーツとアートを繋ぐ制作を行うながさわたかひろの活動に迫ります。

※聴講無料。ただし、企画展観覧の方が対象です。
※混雑時は入場を制限する場合があります。

宇都宮 徹壱

ギャラリートーク

作家によるスペシャルトーク
■日程:8月20日(日)

担当学芸員による作品解説
■日程:8月11日(金・祝)、9月17日(日)

※各日15:00から30分程度。
 観覧券をご用意のうえ、企画展示室2の入口にお集まりください。

  • 芹が谷だより

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2017.11
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
  • 2017.12
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889