インプリントまちだ展2018
荒木珠奈 記憶の繭を紡ぐ

企画展
インプリントまちだ展2018
荒木珠奈 記憶の繭を紡ぐ
荒木珠奈 《繭》 2018年 ドライポイント 作家蔵

展覧会概要

 荒木珠奈(あらき たまな)は、版画からインスタレーションまで幅広い創作活動をおこなってきたアーティストです。彼女は留学先のメキシコで銅版画の技法を身につけたのち、早くから独自の世界観をもつ作品を発表してきました。

 その中で自身の体験や身近な存在から感じとった生と死をめぐる命のサイクルを、豊かな想像力と丁寧な手仕事によって表現してきた荒木。マチエールを活かした銅版画や、素材の質感をつよく感じさせるインスタレーションは、ときに叙情・叙事性をこえて私たちの生(き)の感覚にうったえかけてくるものが少なくありません。あらゆる感情や感覚が生まれる以前の根源的な何かをゆさぶると同時に、見る者をつつみこむような不思議な魅力をたたえているのです。

 本展では荒木がこれまで制作してきた版画やオブジェなど約60点のほか、町田でも盛んにおこなわれていた「養蚕」に着想を得た新作版画とインスタレーションを公開します。彼女が紡ぎだす作品は忘れかけられた土地の記憶とともに、誰しもがもっている原初の記憶を呼び覚ましてくれることでしょう。

荒木珠奈 略歴

画像

1970年、東京都に生まれる。1992年に武蔵野美術大学短期大学部美術科専攻科を修了後、1993年から95年までメキシコ留学(UNAM自治州立大学)。1997年には武蔵野美術大学油絵学科版画コースを卒業。現在、ニューヨーク在住。主な個展・グループ展に「ひかりのたからもの―赤崎みま、荒木珠奈二人展」(2003年、浜田市世界こども美術館)、「MOTコレクション展示:みんなの中にいる私」(2006年、東京都現代美術館)、「MAMプロジェクト008 荒木珠奈」(2008年、森美術館ギャラリー2)などがある。

展示構成

第1章 始源


《惑星》 1994年 エッチング、アクアチント 作家蔵


荒木が版画と出会ったのは、留学先のメキシコでした。異国の生活のなかで目にした風景や感じた思いを、銅版画の技法で表情豊かに描きだしています。本章では独自の世界観の一端がすでに姿をみせている初期作品を展示します。

第2章 旅と家


《浮き雲暮らし》 2000年 エッチング、アクアチント、手彩色 作家蔵


荒木は遠い旅先での思い出や、日頃の生活からインスピレーションを得て作品を生みだしてきました。彼女の表現する非日常と日常は、「ここではないどこか」への憬れと望郷の念をつよくさせる不思議な力をもっています。本章では「旅」と「家」をテーマとした作品を中心に紹介します。

第3章 詩と命


《始まりの航海》 2007年 エッチング、アクアチント 作家蔵


友人の詩にもとづく作品をはじめ、荒木の作品には叙情豊かなものが少なくありません。また銅版画の技法を活かした表現は、作品に命を与えると同時に視覚以外の感覚をも刺激します。本章では詩情と生命をつよく感じさせる作品を紹介します。

第4章 記憶の繭


《新作インスタレーションのためのドローイング》 2017年 作家蔵


かつて町田でも盛んにおこなわれていた「養蚕」に着想を得て、荒木が本展のために制作した新作版画とインスタレーションを公開します。

展覧会情報























会期2018年6月30日(土) ~ 9月2日(日)
休館日毎週月曜日
※7月16日(月・祝)は開館、翌17日(火)は休館
開館時間平日 10:00~17:00(入場は16:30まで)
土日祝 10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場企画展示室2
助成公益財団法人朝日新聞文化財団
協賛株式会社アラキ+ササキアーキテクツ suzueri
観覧料一般800(600)円
大学生・高校生・65歳以上400(300)円

※中学生以下は無料
※本展の観覧料で同時開催の「版画キングダム」展もご覧いただけます。
※( )内は20名以上の団体料金
※展覧会初日6月30日(土)は入場無料
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額

関連催事

アーティスト・トーク―制作の舞台裏―

7月7日(土) 13:30~16:00(途中休憩を含む)
会場:アトリエ
※定員30名(申込不要)
※入場無料

クロス・トーク―荒木珠奈×藪前知子(東京都現代美術館・学芸員)―

7月14日(土) 13:30~15:00
会場:講堂
※先着100名(申込不要)
※本展観覧券が必要です(半券可)。

美術館でおはなし会―絵本と語りの時間―

語り手:おはなし はすの実
7月25日(水)、8月25日(土) 各日14:00から30分程度
会場:企画展示室2
※定員15名(申込不要)
※本展観覧券をご用意のうえ、企画展示室2の入口にお集まりください。

担当学芸員によるギャラリートーク

7月21日(土)、8月18日(土) 各日14:00から45分程度
※本展観覧券をご用意のうえ、企画展示室2の入口にお集まりください。

同時開催

「版画キングダム 古今東西の巨匠が勢ぞろい!」

6月30日(土) ~ 9月2日(日)
会場:企画展示室1
※「インプリントまちだ展2018」の観覧料でご覧いただけます。

「シリーズ現代の作家 深沢幸雄 生をきわめて」

6月20日(水)~9月2日(日)
会場:常設展示室
※入場無料

プレスリリース

プレスリリースはこちらからご覧下さい。

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2018.12
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2019.01
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889