美の饗宴―西洋の美人像―

ミニ企画展
無料


版刻:ルイ=マラン・ボネ 原画:フランソワ・ブーシェ《花の女神フローラ》(部分)1769年

展覧会概要

 本展では10月5日から11月24日にかけて開催される当館企画展「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」展にあわせ、西洋の版画の中に登場する女性像を紹介します。

 女神たちが美を競い合った「パリスの審判」をはじめ、対照的な存在であるエヴァと聖母マリア、敵将の首をとった女傑ユディトなど、その姿は浮世絵の美人画に負けず劣らず実にさまざまです。

 一方、彼女たちは欲望をもって「見られる」存在でもありました。たとえば、神話や聖書の物語は裸体像を描くための口実であったことが、いくつかの作品からうかがえます。また資本主義・消費社会を謳うポップ・アートの女性像には、露骨なまでに欲望の視線が反映されているといえるでしょう。

 版画の内と外で交差する「まなざし」―画中の人物は誰に見られているのか、あるいは誰を見ているのか―の行方を意識すると、「美の饗宴」の本当の主役が浮かび上がってくるようです。彼女たちの姿と視線が織りなすドラマをご堪能ください。

【出品リスト】(PDF)

主な出品作家

・ゼバルト・ベーハム(1500~1550)
・ヘンドリク・ホルツィウス(1558~1617)
・フランソワ・ブーシェ(1703-1770)

・アンディ・ウォーホール(1928-1987)
・トム・ウェッセルマン(1931-2004)
・キキ・スミス(1954生まれ)

展覧会情報

会期2019年9月26日(木)~12月22日(日)
観覧料無料

NEW(2019年10月11日更新)
(2019年9月15日更新)

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter
  • 版画のつくりかた

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2019.12
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2020.01
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
休館日
展覧会
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889