アーティストたちの室内画 ─見慣れない日常

企画展
アーティストたちの室内画 ─見慣れない日常
パトリック・コールフィールド
『ジュール・ラフォルグの詩』より《私にはただホテルの部屋があるばかりだ》
スクリーンプリント、1973年刊、町田市立国際版画美術館蔵
©The Estate of Patrick Caulfield, DACS & JASPAR 2021 E4031

展覧会について

「室内画」とは、プライベートな部屋をテーマとする絵画のジャンルです。描かれたのは、その時代を生きた人々の何気ない日常。いつも目にしている光景も、アーティストたちにとっては尽きせぬ着想源だったのです。

この展覧会では、ナビ派、シュルレアリスム、ポップ・アートなどの版画およそ140点を通じて、18世紀から20世紀までの室内画の歴史をたどります。様々な社会階層の人々が集まるパリのアパルトマン、社会のめまぐるしい変化から逃れる隠れ家、芸術的探求に没頭する実験室、非日常を予感させる密室―さまざまな部屋をめぐって、アーティストたちのおうち時間を覗いてみませんか?

展示構成と主な作品

※出品作品は全て町田市立国際版画美術館蔵

第1章. 部屋のなかへ

産業革命以後のロンドンやパリ。部屋のなかにある家具や装飾品は、住む人の属する社会階層を表しています。



ウィリアム・ホガース『娼婦一代記』より、1732年、エッチング、エングレーヴィング

第2章. 世紀末の隠れ家

閉ざされた部屋のなかでランプの暗がりに集まる人物たちは、なにやら思索をめぐらせているようです。



フェリックス・ヴァロットン《信頼》、1895年、木版



モーリス・ドニ『愛』より、1899年、リトグラフ

第3章. アーティストの秘密 

アーティストたちにとっての部屋は、芸術品を生み出す実験室。どんな作品が作られているのか、覗いてみましょう。



アンリ・マティス《眠るオダリスク》、1929年頃、リトグラフ



パブロ・ピカソ《ランプの下の静物》、1962年、リノカット
©2020-Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)

第4章. 密室の夢と不安

現実と非現実の間を揺らぐシュルレアリストたちの作品。彼らの私室では、めくるめく白昼夢が繰り広げられます。



マックス・エルンスト『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』より、
1930年刊、コラージュ印刷
©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4031


第5章. 量産される室内空間

大量生産・大量消費の社会が到来した戦後のロンドンやニューヨークで、室内画はまた新たな展開を迎えます。



パトリック・コールフィールド『ジュール・ラフォルグの詩』より
《エレーヌよ、ぼくは部屋で落ち着かない》、1973年刊、スクリーンプリント
©The Estate of Patrick Caulfield, DACS & JASPAR 2021 E4031

第6章. 部屋のそとへ

最後にご案内するのは、住み慣れた町を離れたアーティストたちがたどり着いた家。彼らを魅了したのは、どんな部屋だったのでしょうか?



ディヴィッド・ホックニー《ホテル・アカトラン、第2日》、1985年、リトグラフ
©David Hockney/ Tyler Graphics Ltd.
HP掲載はDavid Hockney, Inc.提供画像


【主な出品作家】

ウィリアム・ホガース、ウォルター・クレイン、フェリックス・ヴァロットン、アンリ・マティス、モーリス・ドニ、パブロ・ピカソ、マックス・エルンスト、長谷川潔、ポール・デルヴォー、ルイーズ・ニーヴェルソン、ハンス・ベルメール、サルバドール・ダリ、ジョアン・ポンス、クレス・オルデンバーグ、吉原英雄、ジム・ダイン、パトリック・コールフィールド、ディヴィッド・ホックニー、ジェニファー・バートレット、ジェラール・ティテュス=カルメルほか

開催概要

















会期 2021年3月13日(土)~4月11日(日)
休館日 月曜日
開館時間 平日 10:00 ~17:00 (入場は 16 :30 まで)
土日 10:00 ~17:30 (入場は 17 :00 まで)
会場 企画展示室1・2
観覧料 一般=800(600)円、大・高生=400(300)円、中学生以下は無料

*()内は20名以上の団体料金。
*身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額です。
*展覧会初日3/13(土)は入場無料。
*3/24(水)はシルバーデー。65才以上の方は入場無料です。

※通常毎月第4水曜日に実施しているシルバーデー(65才以上の方は入場無料・本展の場合は3月24日(水))は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、本展においては実施するか未定です。
実施の場合は当館HP、広報まちだにてお知らせします。

ご観覧の方には解説の小冊子を無料配布します。(数に限りがございます)

※状況により会期等を変更する場合があります。
 ご来館前に当館ホームページ・SNSをご確認ください。











リピーター割引 一律:100円引
 観覧券売場で本展の半券をご提示ください。
タクシー割引 一律:100円引
 観覧券売場で当日のタクシーのレシートを
 ご提示ください。
 ※レシート一枚につき、お一人様のみの割引です。
パスポート割引 一律:100円引
 観覧券売場で日本国以外のパスポートの表紙を
 ご提示ください。
シェアサイクル割引 一律:100円引
 観覧券売場でシェアサイクルのアプリの
 利用履歴画面をご提示ください。
 ※シェアサイクルについては▶【こちら】

ウェブクーポン

会期中有効の100円引クーポンを配信中。
【こちら】の画面を保存もしくは印刷し、観覧券売場でご提示ください。

関連イベント

記念講演会

「『密』な世界―モダン・アートにおける室内」手話通訳あり
講師:天野知香(お茶の水女子大学教授)
日時:2021年3月20日(土)14:00~15:30
場所:1階講堂
定員60名、要整理券、要観覧券(当日有効)
*整理券は当日12:00より1階受付で配布します。

室内楽コンサート

弦楽四重奏
日時:3月14日(日)①13:30~14:00 、②15:00~15:30  
出演:Quartet Paradox(クヮルテット・パラドックス)
   ヴァイオリン:西原史織、大槻桃斗
   ヴィオラ:世川すみれ、チェロ:飯島奏人

サックス四重奏
日時:3月28日(日)①13:30~14:00 、②15:00~15:30 
出演:ハッピー☆マッキーSAXカルテット
   ソプラノサックス:河西麻希、アルトサックス:木藤良朝子
   テナーサックス:北嶋恭子、バリトンサックス:石岡公恵

場所:1階講堂
定員60名、要整理券、要観覧券(当日有効)
*整理券は各回30分前から1階受付で配布します。

担当学芸員によるギャラリートーク

日時:3月21日(日)14:00~(約30分)
   4月 3日(土)14:00~(約30分)

会場:2階企画展示室1
※当日有効の観覧券をご用意のうえ、2階企画展示室入口にお集まりください。

プレスリリース等

【ちらし】表
【ちらし】裏
【プレスリリース】(PDF)

▶【出品リスト】 準備中

同時開催

ミニ企画展「シリーズ現代の作家 草間彌生」
2021年1月5日(火)~4月11日(日) 常設展示室 
※入場無料

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter
  • 版画のつくりかた
  • シャトルバス運行

Information

OPEN オープン本日は開館しています
休館日
開館日
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889