長谷川潔 1891-1980展 ― 日常にひそむ神秘 ―

企画展

アカリョムの前の草花 1969年、メゾチント、269×360㎜

展覧会内容

長谷川潔は1910年代半ばに文芸同人雑誌『仮面』の版画家として創作活動を開始、 1918年に日本を去って以来パリを拠点に活動した銅版画家です。サロン・ドートンヌやフランス画家・版画家協会に所属してパリの画壇で高く評価されたほか、フランスでは文化勲章、日本では勲三等瑞宝章を授与されるなど、芸術家としての功績がたたえられています。
国際版画美術館は2018年度にこの版画家の展覧会を開催しました。
本展はその時の展覧会をベースに、最初期の作品から1970年代の銅版画までを年代順に展示するとともに、関連作家の作品も展示し、全体を165点で構成するものです。また挿絵本の優品である仏訳の『竹取物語』について、挿絵頁を可能な限り多く展示します。
長谷川潔の深い精神性が反映された表現世界に今一度向き合ってみてください。

展覧会情報

















会期 2022年7月16日(土)~9月25日(日)
休館日 月曜日
*但し7/18(月)、9/19(月)の祝日は開館、
翌7/19(火)、9/20(火)は休館
主催 町田市立国際版画美術館
会場 町田市立国際版画美術館 企画展示室1、2
観覧料 一般800円(600)
大・高生400円(300)
中学生以下無料
*( )は20名以上の団体料金
*7/16(展覧会初日)は無料
*7/27、8/24はシルバーデー(毎月第4水曜日は満65歳以上の方無料)
*身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方と付き添いの方1名は半額

※新型コロナウイルス感染症対策のため、
 入場制限を行う場合があります。
 お客様の安全と安心のため、マスクの着用にご協力ください。


※状況により会期や関連イベントを変更する場合があります。
 ご来館前に当ホームページ、SNS をご確認ください。


無料日・割引






初日無料日 7月16日(土)
シルバーデー 【満65歳以上の方は無料・第4水曜日】
7月27日(水)、8月24日(水)





















リピーター割引 200円割引
 観覧券売場で本展の半券をご提示ください。
タクシー割引 100円割引
 観覧券売場で当日のタクシーのレシートを
 ご提示ください。
 *レシート一枚につき、お一人様のみの割引です
パスポート割引 100円割引
 観覧券売場で日本国以外のパスポートの表紙を
 ご提示ください。
シェア・サイクリング割引 100円割引
 観覧券売場でシェアサイクルのアプリの
 利用履歴画面をご提示ください。
 *シェアサイクルについては▶【こちら】
ウェブクーポン割引 100円割引
観覧券売場でこちらの▶【クーポン画面】
 ご提示ください。
 *一画面につき、お一人様のみの割引です。

※割引の併用はできません。

展示構成

第Ⅰ章(プロローグ) 日本時代 文芸雑誌『仮面』の画家 1913-1918
    コラム1 『仮面』および日本版画倶楽部の版画仲間
    コラム2 萩原朔太郎詩集『月に吠える』への共感
第Ⅱ章 フランスで銅版画家として立つ 1919-1941
    コラム3 青年時代の刺激
第Ⅲ章 仏訳『竹取物語』1934(1933)
    コラム4 エングレーヴィングという超絶技巧
第Ⅳ章 日常に神秘を視る 1941-1950年代末
    コラム5 メゾチント技法の作品を比較する
第Ⅴ章 精神の高みへ ―「マニエール・ノワール」の静物画 
    1950年代末~1969
    コラム6 フランスの友人画家たち
エピローグ

主な出品作品
(掲載作品は全て町田市立国際版画美術館蔵)

第Ⅰ章(プロローグ) 日本時代 文芸雑誌『仮面』の画家 1913-1918

歩める男(『仮面主催洋画展覧会出品目録』) 1913年、木版、151×112㎜

第Ⅱ章 フランスで銅版画家として立つ 1919-1941

思想の生れる時 1925年、ドライポイント、126×98㎜


アレクサンドル三世橋とフランスの飛行船 1930年、メゾチント、137×307㎜

第Ⅲ章 仏訳『竹取物語』1934(1933)

仏訳『竹取物語』1934(1933)より エングレーヴィング、148×100㎜

第Ⅳ章 日常に神秘を視る 1941-1950年代末

コップに挿した枯れた野花 1950年、エングレーヴィング、282×228㎜


開かれた窓 1951年、エングレーヴィング、297×225㎜

第Ⅴ章 精神の高みへ ―「マニエール・ノワール」の静物画 1950年代末~1969

狐と葡萄(ラ・フォンテーヌ寓話) 1963年、メゾチント、359×266㎜


時 静物画 1969年、メゾチント、269×360㎜

エピローグ

横顔 1970年、メゾチント、361×268㎜

関連イベント

講演会

7月30日(土) 14:00~15:30 
講師:猿渡紀代子氏(大佛次郎記念館特任研究員)
講堂にて/要本展有料観覧券・招待券(半券可)
先着60名

版画体験イベント「 レース × プレス機でつくる版画 」

※町田市イベントダイヤル・「イベシス」での受付は全て定員に達したため、終了しました。
※今後キャンセルが出た場合は国際版画美術館で受付をいたします。普及係(042-726-2889)までお電話下さい。


レースを使って小さな版画をつくります。子供から大人まで気軽に作品づくりをお楽しみください(未就学児は保護者1名が必ず同伴)。

画像

8月6日(土)、7日(日)
実施時間:各日8回開催
①10:10~ ②10:50~ ③11:30~ 
④13:05~ ⑤13:45~ ⑥14:25~ 
⑦15:05~ ⑧15:45~
(1回6名、各回25分程度)
講師:常田泰由氏(版画家)
会場:アトリエ
参加費:500円
事前申込制(先着順)/募集期間 7月22日(金)正午~8月1日(月)
町田市イベントダイヤル(042-724-5656。7時~19時)または、イベント申込システム「イベシス」にて受付。(イベントコード:220722H)

※お申し込みは1人1回まで
※小学生も保護者(1名)の同伴が可能です
※参加者と同伴者(1名)以外の入室はできません
※同伴者は制作できません。小学生と保護者が2人とも制作したい場合は、それぞれお申し込みください

学芸員によるギャラリートーク(講堂でのスライドトークまたは中止に変更になる場合があります)

7/17(日)、8/21(日)、9/4(日)、18(日)
*いずれも14:00から45分程度。本展観覧券(当日有効)をご用意下さい。

プロムナード・コンサート


9月10日(土)
第1部 13時から
第2部 15時から
(各回30分程度)

演奏:第1部 桜美林大学芸術文化学群音楽専修
   第2部 玉川大学芸術学部音楽学科
会場:エントランスホール
※コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限する場合があります。

ちらし・出品リスト・プレスリリース等

ちらし 表
ちらし 裏
出品リスト(PDF)
章解説 コラム(PDF)
プレスリリース(PDF)
オンラインプレスリリース(「ARTPR」の本展専用ページに飛びます)

同時開催

(常設展示室でのミニ企画)
文明開化の子どもたち―浮世絵に描かれた遊びと学び
7月13日(水)~9月25日(日)

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルTwitter
  • 版画のつくりかた
  • シャトルバス運行

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2022.10
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
  • 2022.11
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
休館日
開館日
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

携帯サイト

QRコード

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889