版画の彩展2012 第37回 全国大学版画展

企画展
版画の彩展2012 第37回 全国大学版画展
前橋瞳(愛知県立芸術大学) 「憧れ」(第36回展出品作品) スクリーンプリント  デジタルプリント
※本展では出品されません。

展覧会概要

 版画を専門に指導する教室が大学に設置されるようになったのは1950年代のことです。大学版画学会は、版による造形表現の研究と大学教育の発展を求めて発足し、その活動はすでに四半世紀以上におよびます。

 今年で37回目を迎える全国大学版画展ですが、町田市立国際版画美術館では1987年の開館以来、毎年恒例の事業として本展を開催してきました。本展は各大学関係者にとって、年に一度の成果を問う重要で貴重な機会です。出品される学生たちの版画は、版画や美術の概念そのものへの挑戦や社会へのメッセ-ジを含み、優れた表現をみせるものでもあります。その意味で、限りなき可能性を秘めた展覧会であり、進化を続ける版画の将来を計る催しといってよいでしょう。

 本展は次代を担う若い人々の制作発表の場にとどまらず、社会・美術館・大学との一体化を図る新たな意義をも備えております。第18回展より設けられた「観客賞」、学生の版画作品を販売するコーナーなど、さまざまなイベントは町田市民や版画ファンのあいだにも定着し、毎年恒例のこの催しを楽しみにしている人たちも大勢いらっしゃいます。学生たちの版画を通じて、あらたなコミュニケーションの場が広がることを願ってやみません。

展覧会情報

会期
2012年12月1日(土)~12月16日(日)
休館日:毎週月曜日


会場
第1・第2企画展示室


入場無料

関連催事

あなたのお部屋に版画はいかが?~学生作品販売

画像
過去の学生販売の様子です。

美術館エントランス・ホールにて販売します。低価格で「本物」を手に入れるチャンスです。
初日には開館前から行列ができ、”まとめ買い”する方がいるほどの高い人気を誇ります。よいものはお早目に!小さなサイズなのでプレゼントにも最適です。
なお、純益の一部が町田市立国際版画美術館の活動にあてられます。

観客賞―投票すると、版画作品を抽選でプレゼント!

毎年好評の大人気企画。会期中、皆様の投票により「観客賞」を選びます。投票いただいた方の中から抽選で5名様に、大学版画学会員であるプロの版画作家による作品をプレゼント。
今年のプレゼント作品の作者は天野純治(多摩美術大学、女子美術大学)、海老塚耕一(多摩美術大学)、大崎のぶゆき(愛知県立芸術大学)、大西伸明(京都市立芸術大学)、菱田俊子(個人会員)です。

大学版画学会研究発表

大学版画学会員の研究成果を発表します。
12月1日(土) 午後2時30分~3時45分


発表者:
湯浅克俊(武蔵野美術大学非常勤講師)
「版画よ さようなら」
ナ・フデ(愛知県立芸術大学美術研究科博士後期課程修了)
「革紙を使用した水性木版による版画表現」


会場:町田市立国際版画美術館 講堂 ※聴講自由

プレスリリース

プレスリリースはこちらからご覧ください。

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルX
  • 版画のつくりかた
  • シャトルバス運行

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2024.02
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
  • 2024.03
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
休館日
開館日
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889