旅と人を描く~五つの「五十三次」

ミニ企画展
無料
旅と人を描く~五つの「五十三次」
歌川広重『東海道五拾三次』(保永堂版東海道)より「日本橋 朝之景」※前期展示

展覧会概要

画像
歌川広重・三代歌川豊国『双筆五十三次』より「日本橋」※中期展示

 

 江戸と京都とを結ぶ東海道は、東西の大都市をつなぐ交通の大動脈。現在では新幹線が通っていますが、その昔は徒歩や駕籠、馬に乗って行き交う人々で賑わう街道でした。

 現在の東京都中央区にある日本橋を起点に、神奈川、静岡、愛知、三重、滋賀を経て京都の三条大橋まで、400kmを超える長い道中には53の宿駅(旅客の泊まる宿屋があり、人や荷物の運搬の中継点になる所)がありました。「五十三次」はこの53の宿駅をさす言葉です。


 

画像
歌川広重『東海道五十三次之内』(行書東海道)より「鞠子」※中期展示

 今回の展示では、五十三次を主題とする5つの連作を紹介します。浮世絵では、風景版画の名作として名高い歌川広重(うたがわ ひろしげ:1798~1858)の『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)、同じく広重の『東海道五十三次之内』(行書東海道)、広重と三代歌川豊国(1786~1864)の合作である『双筆五十三次』を展示します。

画像
亀井竹二郎『懐古東海道五十三驛眞景』より「大磯」※全期間展示

 さらに幕末に制作された銅版画として安田雷洲(やすだ らいしゅう:1770?~1859)の『東海道五十三驛』、明治に制作された石版画である亀井竹二郎(1857頃~79)『懐古東海道五十三驛眞景』も展示します。
 浮世絵(木版画)、銅版画、石版画、それぞれの版種の持ち味を感じていただくとともに、時代とともに移り変わりゆく街道の風景や、人々の営みをお楽しみください。

展覧会情報

画像
安田雷洲『東海道五十三驛』より「みつけてんりう川・はままつ・まひさかいまきれ・あらゐ」(部分) ※全期間展示

6月18日(水)~9月23日(火・祝)

※作品保護のため、会期中展示替えを行います。
(前期)6月18日(水)~7月20日(日)
(中期)7月21日(月・祝)~8月17日(日)
(後期)8月19日(火)~9月23日(火・祝)

旅と人を描く―五つの五十三次リーフレット PDF[1203KB]

  • 芹が谷だより
  • オフィシャルX
  • 版画のつくりかた
  • シャトルバス運行

Information

OPEN オープン本日は開館しています
  • 2024.02
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
  • 2024.03
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
休館日
開館日
イベント

平日:午前10時〜午後5時
(入場は4時30分まで)
土・日・祝日:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)

  • 小学生、中学生のみなさまへ

町田市立国際版画美術館 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889